トップページ > 60周年年記念メッセージ・あゆみ > 一般社団法人TKC企業共済会

関係機関ロゴ

TKC企業共済会ロゴ
中小企業退職金共済制度60周年を祝して
一般社団法人TKC企業共済会 理事長  須貝 好明 様
一般社団法人TKC企業共済会
理事長  須貝 好明
独立行政法人勤労者退職金共済機構におかれましては、中小企業退職金共済制度が60周年を迎えられ、心よりお祝い申し上げます。
中小企業退職金共済制度の目的は、独力では退職金制度を設けることが困難な中小企業に対して、事業主の相互扶助と国の援助によって、従業員の退職金制度を確立し、中小企業従業員の福祉の増進と雇用の安定、中小企業の振興に寄与することとされています。
一方でわが国は、本格的な人口減少、少子高齢化社会が到来するなかで、労働力人口の減少による人材不足等の傾向が顕著となってきています。そのような環境のなかで退職金の目的は「従業員の老後の生活費」に加えて「従業員の長期雇用」とされており、労働力確保への対処策のひとつとして期待されているところです。
一般社団法人TKC企業共済会では、平成20年から中小企業退職金共済の事業に係る委託業務を開始し、私どものお客様であるTKC全国会の会員税理士・公認会計士に対して制度の加入推進と取次業務を行ってきました。以来、11年間で9,477所の事業所に加入いただくことができました。TKC全国会では、事業目的のひとつに「中小企業の存続・発展の支援」を掲げていて、一般社団法人TKC企業共済会としても同目的達成のための施策として中小企業退職金共済制度の推進を位置づけています。今後とも、TKC全国会の推進活動を支援し、中小企業従業員の福祉の増進と雇用の安定、中小企業の振興への寄与に向けて独立行政法人勤労者退職金共済機構と一緒に取り組んでまいりたいと存じます。

一般社団法人TKC企業共済会
理事長  須貝 好明