トップページ > 事業主の方へ(おしえて中退共!)

事業主の方へ

おしえて中退共!

おしえてその1「制度のしくみ」中退共制度は法律で定められた社外積み立て型の退職金制度です

no.1
事業主が中退共と退職金共済契約を結びます。後日、従業員ごとの「退職金共済手帳」を送付します。
no.2
毎月の掛金を金融機関に納付します。掛金は全額事業主負担です。
no.3
従業員が退職したときは、その従業員の請求に基づいて中退共から退職金が直接支払われます。
中退共の制度の仕組み

おしえてその2「加入条件」加入条件は業種により異なります

加入できる企業
加入できるのは、次の企業です。ただし、個人企業の場合は、常用従業員数によります。

加入できる企業一覧の図 一般業種(製造・建設業など)は、常用従業員数300人以下または資本金・出資金3億円以下 卸売業は、常用従業員数100人以下または資本金・出資金1億円以下 サービス業は、常用従業員数100人以下または資本金・出資金5千万円以下 小売業は、常用従業員数50人以下または資本金・出資金5千万円以下
常用従業員には、1週間の所定労働時間が同じ企業に雇用される通常の従業員とおおむね同等である者であって、(1)雇用期間の定めのない者、(2)雇用期間が2ヶ月を超えて雇用される者を含みます。

加入させる従業員
従業員は原則として全員加入させてください。

ただし、定年などで短期間内に退職することが明らかな従業員や、期間を定めて雇われている従業員等は加入させなくてもよいことになっています。

おしえてその3「掛金の選択」従業員の年齢、仕事の経験度、勤務年数などに応じて選択ができます。

掛金月額
毎月の掛金金額は下記の種類からお選びいただけます。

5,000円 6,000円 7,000円 8,000円
9,000円 10,000円 12,000円 14,000円
16,000円 18,000円 20,000円 22,000円
24,000円 26,000円 28,000円 30,000円

短時間労働者の特例掛金月額
短時間労働者(パートタイマー等)の方も加入することができます。通常の従業員より低い掛金月額も用意されていますので、加入しやすくなっています。

2,000円 3,000円 4,000円

※短時間労働者とは、いわゆるパートタイマー等、1週間の所定労働時間が、同じ企業に雇用される通常の従業員より短く、かつ30時間未満である従業員をいいます。

おしえてその4「加入の手続き」

  • 「新規申込書」はお近くの金融機関または委託事業主団体の窓口にあります。
  • 「新規申込書」に記入、押印または署名をして、金融機関または委託事業主団体の窓口に提出していただきます。
  • 加入後、新たに従業員を採用した場合などは、「追加申込書」を使用してください。
    (追加用の申込書を金融機関の窓口に提出していただきます。)
  • 短時間労働者(パートタイマー等)が加入する場合は、短時間労働者であることの証明書(「労働条件通知書(雇入通知書)」または、「労働契約書」のコピー)を添えてください。
  • 新規加入の際、常時雇用する従業員数が次の規模以上の場合は「中小企業であることの証明」が必要になります。
    • 一般業種(製造業・建設業等)は250人
    • 卸売業、サービス業は90人
    • 小売業は40人

資本金・出資金の額が中小企業者の範囲内であれば、登記簿謄本等を添えることで中小企業者であることの証明に変えることができます。

前のページ:決め手はここ!