トップページ > Q&A > 1.制度の概要について

Q&A

1.制度の概要について

1-2. 掛金助成制度

1-2-1.掛金の一部を国が助成してくれるそうですが、どのような制度でしょうか?

掛金助成制度には次の2種類があります。

  • 新規加入掛金助成
    (1)
    中退共制度に新たに加入する事業主に、加入後4か月目から、掛金月額の2分の1(上限5,000円)を1年間国が助成します
    新規加入掛金助成
    (2)
    パートタイマー等短時間労働者の特例掛金(掛金月額4,000円以下)加入者については、(1)に次の額を上乗せして助成します。
    掛金月額2,000円の場合は300円、3,000円の場合は400円、4,000円の場合は500円
    ※ただし、次に該当する事業主は、新規加入助成の対象にはなりません。
    • 同居の親族のみを雇用する事業主
    • 社会福祉施設職員等共済制度に加入している事業主
    • 適格退職年金制度から移行してきた事業主
    • 解散存続厚生年金基金から資産移換の申出を希望する事業主
    • 特退共事業廃止団体から資産引渡の申出を行う事業主

  • 月額変更(増額)助成

    掛金月額が18,000円以下の従業員の掛金を増額する場合、増額分の3分の1を1年間国が助成します。

    ※同居の親族のみを雇用する事業主は、助成の対象にはなりません。
    ※助成額の10円未満の端数は、切り捨てになります。

    掛金増額助成

掛金助成は、助成金を支給する方法でなく、掛金から助成金を免除する方法により行われます。その間は、掛金月額から助成額を控除した額が口座振替されることとなります。

アンケートにご協力下さい。




このQ&A内容についてコメントがございましたら、こちらにお書き添え下さい。
(全角500字以内)

注:お寄せいただいたコメントへの返信は出来かねますのでご了承下さい。
個別のお問い合せにつきましてはご意見・ご質問フォームをご利用ください。