Q&A

6.掛金の納付(預金口座振替)について

6-2. 掛金の納付(その他)

6-2-4.欠勤や休職などで掛金を納付しない場合は、どうすればいいのですか?
  1. すみやかに「掛金未納正当理由申立書」を《中退共本部収納課》に郵送またはFAXしてください。
  2. すでに掛金が引き落とされた月分の欠勤・休職期間についても、 申立書を提出する月を1月目として5月前まで遡ることが可能です。
    (例:申立書の提出月が12月の場合、8月までの遡りが可能です。)
    ※すでに振替済みの掛金につきましては、申立月の翌月以降に掛金振替口座に自動的に返還いたします。
  3. 申立期間終了後は自動的に掛金振替が再開されます。
  4. 申立期間は12か月までを限度としておりますので、延長の場合は再度申立書を提出していただく必要があります。
  5. 退職金の請求後は「掛金未納正当理由申立書」の受理はできません。

●掛金を未納とする正当な理由は、次の場合に限られます。

  • 被共済者がその月の所定労働日の2分の1を超えて欠勤または休職したとき。
  • 事業主の責めに帰することができない事情 (経営不振・資金難等は該当しません) で掛金を納付することができなかったとき。

※上記の理由により納付しなかった月分は、退職金共済契約解除の対象とする掛金未納月から除外されます。

「掛金未納正当理由申立書」は、加入時に中退共本部から送付した「退職金共済契約関係書類綴」に綴じこんであります。また、(ダウンロード)の手続様式見本集からダウンロードできます。



「掛金未納正当理由申立書」の申立期間内に職務に復帰した場合は、掛金納付の再開手続きが必要となりますので、「掛金納付再開申出書」をご提出ください。
「掛金納付再開申出書」は、(ダウンロード)の手続様式見本集からダウンロードできます。

<<送付先>>
〒170-8055    東京都豊島区東池袋1丁目24番1号
独立行政法人 勤労者退職金共済機構 中退共本部 収納課
電話:03-6907-1234
FAX:03-5955-8217

アンケートにご協力下さい。




このQ&A内容についてコメントがございましたら、こちらにお書き添え下さい。
(全角500字以内)

注:お寄せいただいたコメントへの返信は出来かねますのでご了承下さい。
個別のお問い合せにつきましてはご意見・ご質問フォームをご利用ください。