トップページ > Q&A >7.退職手続きについて

Q&A

7.退職手続きについて

7-1. 事業主の手続き

7-1-1.従業員が退職したときは事業主はどんな手続きをすればいいですか?

従業員が退職した場合は、加入時にお配りしている「退職金共済契約関係書類綴(グリーンバインダー)」の中の「退職金共済手帳」の2枚目「被共済者退職届」に記入し、郵便局の郵便追跡サービスが利用可能な、書留郵便又は特定記録郵便等にて すみやかに《中退共本部保全課》宛にお送りください。
なお、同居の親族である被共済者の退職の際は、別途書類の提出が必要です。詳しくは、(手続のご案内)退職した際の手続を行う場合を参照ください。
退職届の提出が遅れると、その従業員の掛金が退職月の翌月以降も引き落とされる場合があります。
退職月の翌月以降分の掛金が引き落とされた場合は、後日、事業主の預金口座にお返しいたします。
また、「退職金共済手帳」の3枚目「退職金(解約手当金)請求書」の事業主記入欄に必要事項を記入・押印のうえ、「退職金共済手帳(3枚)」ごと退職した従業員にお渡しください。

アンケートにご協力下さい。




このQ&A内容についてコメントがございましたら、こちらにお書き添え下さい。
(全角500字以内)

注:お寄せいただいたコメントへの返信は出来かねますのでご了承下さい。
個別のお問い合せにつきましてはご意見・ご質問フォームをご利用ください。