トップページ > Q&A >7.退職手続きについて

Q&A

7.退職手続きについて

7-1. 事業主の手続き

7-1-6.中退共とは別に会社からも退職金を支払う場合〔※〕、「退職所得の源泉徴収票・特別徴収票」を会社ではどのように作成(計算)しますか?

〔※〕退職金を複数箇所から受け取る場合、手続きの前に、必ず退職金を受け取る順番を決めていただくこととなっております。詳細は最寄りの税務署にお尋ねください。

○会社が先に支払う場合
(第一支払者:会社600万円、第二支払者:中退共400万円を支払う場合)

  1. 申告内容に基づき、第一支払者:会社で支払う退職金600万円に対して、所定の税金計算を行い第一支払者:会社において「退職所得の源泉徴収票・特別徴収票」を作成します。

  2. 会社が先に支払う場合

    ※「退職所得の源泉徴収票・特別徴収票」は非課税の場合でも、支払者において発行しなければなりません。
    ※記載例につきましては、金額・税額を保証するものではありません。実際の課税年分に相応する税率で計算し納税してください。

    会社が先に支払う場合

  3. 中退共における手続き
    第一支払者:会社作成の「退職所得の源泉徴収票・特別徴収票」、税務署所定の「退職所得の受給に関する申告書」をもとに所定の税金計算を行い、「退職所得の源泉徴収票・特別徴収票」を発行し退職金をお支払いいたします。
    (第二支払者:中退共では、第一支払者分を中退共支払額と合算して税額を算出し、第一支払者における納税額との差額分を納税します。)

  4. 会社が先に支払う場合

    ※記載例につきましては、金額・税額を保証するものではありません。実際の課税年分に相応する税率で計算してください。

アンケートにご協力下さい。




このQ&A内容についてコメントがございましたら、こちらにお書き添え下さい。
(全角500字以内)

注:お寄せいただいたコメントへの返信は出来かねますのでご了承下さい。
個別のお問い合せにつきましてはご意見・ご質問フォームをご利用ください。