トップページ > Q&A >7.退職手続きについて

Q&A

7.退職手続きについて

7-2. 従業員の手続き

7-2-11.中退共とは別に会社からも退職金を受け取るのですが、どんな書類が必要ですか?また、退職年の前年以前4年内に中退共以外から退職金の支払いを受けている場合、どんな書類が必要ですか?

以下の項目をご確認のうえ、必要なお手続きを行ってください。

○中退共からの退職金と会社からの退職金、どちらを先に受け取りますか?〔※〕

〔※〕退職金を複数箇所から受け取る場合、手続きの前に必ず退職金を受け取る順番を決めていただくこととなっております。詳細は退職金の支払者(会社等)にお尋ねください。

1.会社から退職金を受け取った後、中退共から受け取る場合の必要書類(第一支払者:会社、第二支払者:中退共)

  • 退職金(解約手当金)請求書
  • 印鑑証明書または住民票
    ※中退共からの給付金額が300万円以上の方や請求人住所が事業所と同一の場合には、印鑑証明書を添付し、請求書には実印を押印してください。
  • 給付金額に関わらずマイナンバー制度の規定による確認書類 
  • 会社から受け取った退職金に関する「退職所得の源泉徴収票・特別徴収票」
  • 税務署所定の「退職所得の受給に関する申告書
    ※税務署所定の「退職所得の受給に関する申告書」は、退職金を受け取る都度作成し、退職金の支払者に提出が必要な書類です。
    会社と中退共の二箇所から退職金を受け取る場合には、会社提出用、中退共提出用をそれぞれ1部ずつ作成し、それぞれに提出する必要があります。
    詳しくは、記入例をご覧いただくか、最寄りの税務署にお尋ねください。

会社が先に支払う場合
○退職金(解約手当金)請求書
○印鑑証明又は住民票
○マイナンバー制度の規定による確認書類 
○退職所得の源泉徴収票・特別徴収票
○税務署所定の退職金所得の受給の関する申告書

2.中退共から退職金を受け取った後、会社から受け取る場合の必要書類(第一支払者:中退共、第二支払者:会社)

  • 退職金(解約手当金)請求書
  • 印鑑証明書または住民票
    ※中退共からの給付金額が300万円以上の方や請求人住所が事業所と同一の場合には、印鑑証明書を添付し、請求書には実印を押印してください。
  • 給付金額に関わらずマイナンバー制度の規定による確認書類 

中退共が先に支払う場合 ○退職金(解約手当金)請求書
○印鑑証明又は住民票
○マイナンバー制度の規定による確認書類 
○退職金等振込通知書
(退職所得の源泉徴収票・特別徴収票)

退職金のお支払いが決定しますと中退共より、従業員ご本人様に「退職所得の源泉徴収票・特別徴収票」を発行しますので、第二支払者:会社に提出してください。

3.退職年の前年以前4年内に中退共以外から退職金の支払いを受けている場合の必要書類
※退職年の前年以前4年内とは・・・平成26年に退職した方であれば、平成22年から平成25年の期間が該当します。

  • 退職金(解約手当金)請求書
  • 印鑑証明書または住民票
    ※中退共からの給付金額が300万円以上の方や請求人住所が事業所と同一の場合には、印鑑証明書を添付し、請求書には実印を押印してください。
  • 給付金額に関わらずマイナンバー制度の規定による確認書類 
  • 税務署所定の「退職所得の受給に関する申告書

その他、税務署所定の「退職所得の受給に関する申告書の記入に関しましては、最寄りの税務署にお問い合わせください。

アンケートにご協力下さい。




このQ&A内容についてコメントがございましたら、こちらにお書き添え下さい。
(全角500字以内)

注:お寄せいただいたコメントへの返信は出来かねますのでご了承下さい。
個別のお問い合せにつきましてはご意見・ご質問フォームをご利用ください。