トップページ > Q&A > 7.退職手続きについて

Q&A

7.退職手続きについて

7-2. 従業員の手続き

7-2-2.退職金請求時にはどんな書類を添付すればいいですか?

退職金を請求するときは、請求人の本人確認および住所確認のできる書類として、印鑑証明書または住民票のいずれか1通(退職金等の給付金額が300万円以上の場合は印鑑証明書)(いずれもコピー不可)を「退職金(解約手当金)請求書」に添付して《中退共本部給付業務部》にお送りください。なお、印鑑証明書を添付する場合、請求書には実印を押印してください。
また、給付金額に関わらずマイナンバー制度の規定による確認書類  が必要です。
◇住民票及び印鑑証明書は、3か月以内に発行されたもので、コピー不可とさせていただいております。
◇請求人の住所が事業所等の住所と同一の住民票添付による請求手続きについては、ご本人確認のため添付書類を「印鑑証明書」とし、実印の押印とさせていただいております。
◇従業員の死亡による退職で遺族の方が請求する場合は、上記の他に「戸籍謄本」が必要になります。
◇外国人の方が請求する場合は、日本人と同様に印鑑証明書または住民票を添付してください。
なお、退職金額および振込予定日につきましては、電話での回答はしておりません。

※退職金の試算額と必要添付書類は、年1回事業主の方にお送りしている「退職金試算票」に記載してありますので、退職金を請求される方は、事業主の方にご照会ください。

アンケートにご協力下さい。




このQ&A内容についてコメントがございましたら、こちらにお書き添え下さい。
(全角500字以内)

注:お寄せいただいたコメントへの返信は出来かねますのでご了承下さい。
個別のお問い合せにつきましてはご意見・ご質問フォームをご利用ください。