トップページ > Q&A > 8.退職金について

Q&A

8.退職金について

8-1. 退職金の支払い

8-1-5.退職金は分割して受け取れますか?

退職金の受取方法には、退職時に一括して受け取る一時払いのほか、一定の要件を満たしていれば、5年間または10年間にわたって分割して受け取る分割払い、一時払いと分割払いを組み合わせて受け取る一部分割払い(併用払い)の3つの方法があります。退職者のニーズに合わせて、いずれかを選択することができます。
全額分割払いの要件(いずれの要件をも満たす場合に限ります)

  1. 退職日に60歳以上であること
  2. 退職金の額が
    5年間の分割払いの場合は …… 80万円以上
    10年間の分割払いの場合は …… 150万円以上

一部分割払い(併用払い)の要件(いずれの要件をも満たす場合に限ります)

  1. 退職日に60歳以上であること
  2. 5年間の分割払いの場合は
    退職金の額が100万円以上であり、かつ、分割払い対象額が80万円以上、一時払い対象額が20万円以上であること

    10年間の分割払いの場合は
    退職金の額が170万円以上であり、かつ、分割払い対象額が150万円以上、一時払い対象額が20万円以上であること

    分割退職金は、年4回(2月、5月、8月、11月)5年間または10年間にわたって元利均等で支払われます。

    1回あたりの分割退職金の額は分割払いとする額に対し、
    5年コース …… 51.0÷1,000
    10年コース …… 26.0÷1,000
    に厚生労働大臣が定める率を加えた率を乗じて得た金額となります。率については、法令の改正や金利の状況等により変更されますが、初回支払時に決定された分割退職金の額は分割支給期間を通じて定額です。

アンケートにご協力下さい。




このQ&A内容についてコメントがございましたら、こちらにお書き添え下さい。
(全角500字以内)

注:お寄せいただいたコメントへの返信は出来かねますのでご了承下さい。
個別のお問い合せにつきましてはご意見・ご質問フォームをご利用ください。